Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生さんの話

A-ONE講習会というものに参加させて頂いております。
刺激的な毎日です。

今日は臨床実習について書きたいと思います。

私は現在実習生の方を担当することは滅多にありません。

なぜなら。

①入院担当患者さんを持っていないから、学生さんに迷惑をかける可能性が高い
②管理職であまりいないので、学生さんに迷惑をかける可能性が高い

からです。

しかし、今回久しぶりに(とは言っても結局1年に1人ぐらい担当するのだが。)担当しました。

今日の内容はその学生さんについてです。ブログに書くことは了承して頂いています。

学生さんAさんは作業に焦点を当てる教育を受けてきた学生さんでした。

Aさんは前の実習でうまくいきませんでした。実習始まって間もなく途中で中止となり、再チャレンジということで私が担当させて頂きました。

はじめは緊張していました。みんなそうですが、私は学生さんの緊張をほぐすことから始めています。

私は何をやりたいのか聞きました。作業に焦点を当てたことがやりたいとAさんは言いました。
是非やりましょうという話になりました。
私はレポートに追われる実習と、学生さんがのびのびできない実習ほど無駄なことはないと思っておりますので、デイリーは別に書かなくても良いし、レポートもぶっちゃけどうでも良いと話をしました。実際、いらっしゃる学生さんには前の学生のレポートをはじめにみせて参考にしてもらっています。

Aさんと実習を進めていくにつれ、クライエントの評価にはすべて理由があり、その理由に基づいて評価すること、多職種への情報収集ですらそうであることも一緒に話しました。

私は、今はやりのCCSのことを良く知りませんし、やるつもりもありませんでしたし、これからもやるつもりはないと思います。Aさんにはセラピストが実施する時間とは別に、毎日1時間のケースとの時間を設けました。それが、クライエントにとって学生を担当してもらうことの利益だと思っているからです。病院の売り上げは落ちますが、それが誠意だと思っています。

面接や作業遂行の観察は私が係りましたが、コンスタントに私が係ることが難しいので、申し訳ないと思いながら実際の評価、介入はケースバイザーにまかせ、要所要所一緒に入りました。後は夕方、ケースバイザーとAさんと一緒にフィードバックを行いました。

実習が進むにつれ、Aさんは生き生きとしているように見えました。クライエントの背景を一緒に考えたり、時には文脈をしるために私(めがね)の文脈リーズニングやAさんの文脈リーズニングをしたりしました。
訪問にも同行してもらい、クライエントの環境設定の物品を作り、そして結果を出し、クライエントに喜ばれたりもしました。
徐々にクライエントのこともわかるようになって来ており、ケースバイザーの援助的な指導も実り、実習でありながら楽しんでいる様子は伝わりました。前の実習で苦しんだ、何の為に評価することがわかってきたこと、作業療法は作業に携わるという学校の教育が実習で実行できたという感じが伝わりました。

最終的にAさんのプログラムは成功で、結果を出しました。クライエントの作業遂行と社会参加は可能もしくは可能化へ大きく前進しました。学生さんながら良いアプローチだなと思いました。

要するにAさんは学生さんとして問題は全く見られないし、むしろ良い学生さんでした。

最後の実習1週間を残し、私はA-ONEへ出かけました。先週に最後のフィードバックをしました。Aさんは良いOTになるだろうから自身をもっていいということを伝えました。いろいろなことはあるけれど、自分なりにやっていけばいいことも伝えました。
Aさんはポロリと涙しました。
「実習に失敗して良かったです」と言いました。
「だってここで実習をできるようになったから」

私は言いました
「それは最高の賛辞だね。ありがとう。作業療法では機能の回復はもちろんだけど、マイナスをプラスに転じる職業だと思っている。Aさんのその発言は作業療法士にとってとても嬉しい発言だ」と言いました。

Aさんには残り1週間楽しんで実習するように言っておわかれしました。

私は本当にAさんにしっかり指導できず申し訳ないなあと思っています。ケースバイザーとクライエント周りのスタッフによって、そして自身のがんばりによって楽しく、価値のある、成長できる実習が遅れたんだと思います。

学生さんは弱い立場です。
もちろん社会の常識がない子もいます。
その人たちには社会の常識を教えてあげる必要もあるかもしれません。

しかし、ICFをベースに仕事をしている私たちにとって学生さんその人を知り、その人を援助することは重要じゃないでしょうか?必要以上に畏怖させる必要はないと思います。一緒に考え、OTって面白いって思ってもらえる。それが大切だと個人的に思っています。
所変われば生き生きと出来る実習ではなく、どこへ行っても生き生きとできる。そんな業界になれば良いですね。
スポンサーサイト

学ぶこと

真夜中に起きてしまった。。。。
そして雨の音がするなぁ。

第12回作業療法臨床実践研究会も大盛況だったらしいです!よかったですね!
私は参加できませんでしたが、このように他でも盛況になるのは大変喜ばしいことですね!
浜松の世話人のお二人、本当におつかれさまでした。
第13回は私も話をする予定です。まだ正確なことは不確定ですが、13回は合宿で先着20名の予定です。

さて今日はちょっと学びについて書きたいと思います。
私などがいろんなところでお話しさせて頂く機会がありますが、それは偏にOBPをやっている人が単に少ないだけだと思います。臨床家として優れているというわけでは決してないし、優れていると思ったことはない。けれども、作業療法のことはほんの少しわかったつもりでいる。
余談ではあるが、人の話を聴くのみの受動的な講義では人はあまり成長しないことは既に言われている。だから学校などでもPBLなどの教育が取り入れられているんだと思う。それでも講義をするときは記憶に残る講義を心がけている。

衝撃的なことを言うかもしれないが、自分が他の優れた作業療法士の方と違うところは語弊がないように言えばそこまで作業療法を心底、楽しく、愛している訳ではない。実践はやはり難しいし、経験もすでに10年以上になろうとしているが未だに悩み苦しむことも多々ある。宝くじで10億あたれば、仕事も辞める(笑)。自分の夢は隠居生活(高校時代から言っている 笑)。スピリチュアルは家族養育、団らんにあり、現在は仕事として、家族を養う手段としてやっている。(まあ大金持ちになればボランティアとして作業療法もやるのであろうが)。しかし、他の皆さんのツイートやブログを見ていると作業療法愛などに本当に感心する。

要するに何を言いたいのかというと、そんなに優れたOTでもないし、中身にあるものも元々ほめられたもんじゃない。ということが言いたい。OTになりたくてなった訳でもないので、面接をしていて、OTになった動機を聞くと、みんなすごいな〜って思います(これはマジで)。

そんな自分でもほぼ毎月勉強会や講演、雑務など病院以外の作業療法に関連する事案に行きますし、一端に論文を読んだりもします。10年以上経過してもですね。そこまで家庭を犠牲にする気もないですが、なんだかんだで1ヶ月に数回は出ているなとiPadを見て思いました。自分でもまだまだ少ないなと思いましたが、自分の中のトータルの価値でいけばまあこんなもんが限界かな(笑)。常に自ら学ぼうという姿勢は昔からかな。受け身的な姿勢は成長を阻害すると感じてきた。大学院のときに先輩と1学会で1質問!という合い言葉は今でも心がけている。

このビミョーでほめられるべきほどでもないけど、確かに前向きなモチベーションはどこからくるのか?うーん。
やはりクライエントの為に最新のことを知っておきたいし、OBPを広めたいし、などなど考えると作業療法っていいよと思いたいのだと思う。根底にはそれで飯を食っているから作業療法の職域を守りたいのかな?自分でもよくわからない。しかし、クライエントの為に何かをしたいために学んでいることは確か。
「書かれた医学は過去の医学である。現在の医学は目の前の患者さんにある」
恩師に言われた言葉。とりあえずは自分の生業ですから、それなりにやりがいを持ってやりたい。クライエントを幸せにしたい、OTを盛り上げたいからまあ学習するっていうことなんだろうな。

単に本を読んでそのまま適応できることって少ない。それを100人いれば100通りいるクライエントにどう応用するかがポイント。COPMの勉強会に出たり、スターティングガイドを呼んだとしても、そこでやっていたことをそのままクライエントに猿真似してもうまくいくとは限らない。応用しなくてはならない。
しかし、何にも知らない状態では前に進みようがない。進歩なきは罪だなと思います。

研究をやっている人達は、自分の私的な時間も顧みず、わかっていないことを明らかにしようとしています。すごいです。自分は釈明期の大学院教育を受けたものですが、その頃の研究って言うのはなんか。。。ぶっちゃけ、臨床の役に立っていなかった気もしたのです。臨床と研究はやっぱりコラボしないと。基礎学問では明らかになっていないことを明らかにすることも重要だろうが、作業療法は応用化学だから臨床で悩んでいる不明なことを明らかにすべきなんだろうなあと生意気に言ってみます。

常に前に進み続ける、そんな人物でいたいもんですね。でも遊んで暮らしたい(笑)
最後にこれも恩師から卒業式に言われた言葉。アメリカのカンザス大学の玄関にはこう書いてあるそうです
「Not four years, but Forty years」
後約20年。日本は定年65歳にのびそうだからあと約25年か。。。
なげーなぁ(笑)。でも楽しもう!新しい潮流のために。

専門作業療法士じゃなくて、〇〇

今日はOBPをやりたいという3年目の方が見学にきてくれました。

自分は入院担当がいないので、訪問と学生指導を見て頂きました。
ちょうどケースバイザーをやっていてOTIPMで指導しているらしいです。
お〜〜

うちはmodified OTIPM(なんちゃってOTIPM)でやっていたので少しは参考になったかなぁ

まあそれはさておき、久しぶりに更新します。

それは専門作業療法士の制度。
まあ疾患を極めるのもありっちゃあありね。
手外科、高次脳、特別支援教育、嚥下。。。

自領域を必死に守るという感じを受けなくもないですが。

私が本日提案するのはちがうこと。
先日@miyakosobaさんと飲んでいたときに、
うちらってOT好きだし、そこそこ語れるけど専門とれないね
なんて話。

だから私は提案したい。
ホリスティックな視点から作業療法をとらえる。
年齢、時期、疾患を問わず作業というものに焦点を当てて、
本来の作業療法を見失わず展開する能力を持つもの。

総合作業療法士(仮)

作業であなたと幸せになります。

ちょっといいんじゃない?

OSCE

娘も晴れて3歳になり、明日はアンパンマンミュージアムです。

今日は休みをとって、とある大学のOSCE外部評価者として招いていただきました。
OSCEとは客観的臨床能力試験で、私も詳しくはないのですが、いわゆる座学のテストではなく、模擬患者さんなどを使って実際の臨床に即した実技試験を行うというものです。
最近の医療業界ではよくされるようになってきました。これは素晴らしいことだと思います。いろんな大学のOSCEを経験させていただいていますが、基本的に外部評価者はハードスケジュールなのですが、何回参加しても本当に勉強になります。
教育が日々進歩するのは素晴らしいことだと思います。

教育がこのようになされていることを実感するために、臨床家はOSCE外部評価者を積極的に受けるべきだと思っています。

今日の大学さんではSP(模擬患者さん)の人を近隣の方々やプロの方々にお願いしていました。すごいですね。

すごいからこそ、最後のフィードバックではいろいろ意見を言っちゃいました。他の方々は、学生さんの対応についてご意見されており、それももっともなんですが、私としては、そもそものOSCEのシステム自体がファジーだったのでちょっと(だいぶん?)意見をしました。クライエントは学生なので、クライエントに最大限に成長してもらうには個々の学生ではなく、OSCEのあり方を変えるべきだと思ったのです。それが学生(クライエント)のためになるんじゃないかなと思ったんですね。思ったことは言わないと気が済まないので(笑)。色々他の大学のOSCEのいいところや自分なりの改善点を提言をさせて頂いたのですが、ちょっと厳しい意見と取られたようです。ディスカッションのつもりだったんですけどね。。。

こりゃ来年は呼ばれないかな(笑)

私の意見で多少変わってくれるとうれしいですけどね。
まあいずれにせよ、良い教育がなされていくことを望んでやみません。

しかし、ここのとある偉い先生はいつあっても「はじめまして」と言われるなぁ。
私もよくやるので気をつけないと。
ちなみに私もはじめましてに合わせるので、すでにこの先生の名刺を3枚持っている  とある人に話すと、
「5枚集めると景品がもらえるらしい」とのこと。
大爆笑。銀のエンゼル。頑張って集めてみよ(笑)。

授業

週末にとある大学で授業をしてきました。

今年から実習で学生を担当する数もぐんと減り、授業をさせていただく機会も1年のうち1,2回しかないので、個人的にすごく楽しみにしています。夢を持つ若い人たちに話ができることは責任は重いですけど幸せですね。今回の授業のレジュメは自分の中でも集大成的な手ごたえで臨みました(いつもそのつもりなんですけどね。。)

あいにく私の授業は5コマ目で、かつ学生さんは1コマ目からフルに授業があったみたいで、最悪なコンディションです(笑)。しかし、学生さんは一人も寝ずに頑張ってくれました。ありがとう!

授業の学生のフィードバックを一部

○臨床実習ではOTとPTの違いがわからなかったのですけど、今日作業に焦点を当てた現場を知ることができて作業療法って素晴らしいと感じることができました。

○失敗談もあり、OTが何をすべきかわかった気がします。

○笑いあり、涙ありの講義ありがとうございます。私が臨床実習に行った病院では対象者の方の作業に焦点をあてた作業療法を行っていなく、臨床と授業の違いに疑問に思ったことがあったのですが、将来自分がOTになったら自信を持って対象者の方の作業に焦点をあてた作業療法をやりたいと強く思いました。

○授業はあっという間でした。病院実習に行き、OTってなんだ?と悩むことが多かったのですが、めがねさんみたいなOTを実践できるようになりたいなと思いました。

などなど。

一方、授業に対して悪いことも書いてくださいとお願いしました。
ほとんどの学生さんは書かないのですが、2名だけ書いてくれました。そのバイタリティ。素晴らしいです。

○痴呆ということばが出ていましたが修正したほうが良いと思いました。

そうですね。昔勤めていた職場の名称が痴呆専門デイケア、痴呆専門病棟であったので、昔の時代という意味付けで使ったのですが、説明が足りなかったようです。勉強になりました。

○外出の時の感染対策はどうしているのかなと思いました。

なるほど。一応は気にしていますが、病院内のマニュアルしかないや。それは検討課題ですね。
ありがとうございます。

私の実践はさておき、少しでもOTって素晴らしいんだと思っていただけたら嬉しいです。
作業に焦点を当てるOTが増えるのを願ってやみません。私が話をすることによって、少しでも作業に焦点を当てようという後進が増えるのならば、いくらでも宣教?するつもりです。
まだしっかり経験していない学生だからこそ、OTに夢や不安を持っている(もっていない)。その学生が教育によってOTが面白い、すばらしいって思える。教育の力ってすごいなあと思いました。
私なんておいしいとこ取りですが。。

そして、多かった学生の意見に
最後のビデオ泣けました。

実際、数名の学生さんが泣いていました。
Kさん!あなたのOT実践で多くの学生が涙しています。
ありがとう。

昔はレアケースだった作業に焦点を当てた実践者。今でもレアケースかもしれないけど、着実に増えていっている気がします。いつかもっと多くの人が作業を通して幸せを共有できたら。
一つの夢ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。