Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域連携のために

ADOC開発者の友利先生にメールを送ろうとしていたら、隣にいたうちの訪問OTが饒舌に語りました。

この前、ケアマネ初回サービス担当者会議でべた褒めでしたよ~
「ADOCの紙を見せたら、ケアマネがめちゃくちゃわかりやすい!と言っていました」
「ADOCの紙とリハビリの計画書と一緒の内容なので、非常にわかりやすいし、理解し易い。」
「今までの訪問リハは機能回復とか筋力向上とか、歩くことができるとかだったから、 リハビリ=機能回復というイメージだったけど、これだとお家で必要な事が出来ますね!」
「(作ってきた)ケアプランを変えてきます!こんなの恥ずかしくてお見せできません!」
それに飽き足りず、
「そのようなリハビリを見学してもいいですか?」と全てリハを40分見学した後、 「次のリハビリも見学させて下さい!本当の訪問リハビリを勉強させて下さい!」
とおっしゃっていたらしいです!

って書いてるじゃん!こちら

当院の入院リハでは一部の人がADOCを使っています。もちろんCOPMはたくさんの人に使っています。私は両方使いますし、両方使わないこともあります。結果としてクライエントとコラボできればよいと思っています。
しかし、当院の訪問リハでは全ての利用者の方にADOCを使用することを決めています。担当がPTでも使います。ADOCは活動と参加レベルの作業しか載っていないので、地域リハビリテーションにはもってこいなのです。
また、私が有用と思っているのは、他職種連携です。訪問リハに携わる方ならわかると思いますが、サービス計画表と呼ばれるケアマネが作る計画表にはROM維持、機能訓練など言ってもいないことが常習的に描かれるということはよくあります。

「私は何者だ?作業療法士です!こういう仕事をします」

イントロダクションが必要です。リハビリテーション計画書で示せるだろう?確かにそうかもしれませんが、私は不十分だと思います。相手をひきつけるにはエンターテイメント的要素も必要です。ADOCはイラストで示されます。視覚的な情報は人を引き付けるにはとても重要と思います。そして、書類ではその人のmeaningful occupationがイラストで示され、そこにコメントを書きます。私はそのコメントに専門用語を入れないように指示しています。クライエントにわかりやすく、また、多職種にわかりやすくです。

私たちが、漫然とした機能訓練をケアプランとして扱われるのに溜息を洩らすように、それでいいのか?と思うケアマネジャーさんもいるんです。上記のような連携を増やすために当院ではADOCを採用しているのです。

当院の訪問利用者様のサービス計画書は全てmeaningful occupationで埋まっています。
うれしいですね。

ちなみに上記のケアマネさんと共有した利用者さんの担当は私ではなく、当院のOT主任ですが、ADOCの面接と書類は私が作りました→自慢自慢(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。