Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://otdou.blog65.fc2.com/tb.php/122-62306426

作業に焦点を当てた実践

おはようございます。

一昨日はADOCミーティング。
昨日はADOCプレゼンツ。

ともに素敵な時間です。


昨日の作業に焦点を当てた実践。

自分も震えるほどに勉強になりました。
っていうか違う意味で震えた事件もあったけど(笑)。

ADOCの仲間にはほんとに感謝です。

友利さんのイントロ。
概論の天才だね。あとプレゼンのスマートさ。
CLか患者か のくだりなんてめちゃくちゃ面白かった。
ADOCのイラストは扉。言い換えれば特定の作業は扉。是非記憶に残してほしい。
そういった話の項目すべてがADOCprojectに生かされている。
事例を交えたOBPの概論はDVD化してもいいと思う。
聴衆のみなさんはOBPってなんぞや、そしてそのプロセスが理解できたと思います。


竹林さんの発表もマジ震えた。
竹林さんがはじめに「帰んないでね~」的なことを冗談で言っていたけど、
うちらとリンクしていないわけじゃなくって、めちゃくちゃ目指す方向一緒。
Scienceの部分から、段階付けの繊細さ。Task-specific。Transfer Package。
CIの言葉の使い方にもこだわりを感じた。
色々な機能回復手段の勉強会や研修に出てきたけど、自分はやっぱCIの考え方がしっくりくるなぁと心から思いました。
そして最後の1ツールですという言葉はしびれた。聴衆のみなさんは機能訓練のあり方について本当に良い理解の場と良い再考の場になったと思います。人参うけたわぁ。
男前で天才で笑い取れる人なんて反則やわぁ(笑)。

琉球otさんのが最適例です。いつもながら心に訴えるプレゼン。
みんな涙したようですね。最高です。
聴衆のみなさんは心に響いたと思います。自分の臨床にあり方について。
そして今の日本の作業療法を変えなければならない。と思ったと思います。
それは、彼と彼の素敵な仲間による10年おでんのアプローチだけでなく、
それを形にする彼のセンスと語りによって増幅されている。
そして、聴衆を虜にしてしまう。素敵なウイルス(笑)です。
琉球さんのウイルスは感染力が強いですから。私も感染しています(笑)

自分は彼のようなセンスがないので。
なぜならWindowsだから。。。。(問題の外在化 笑)

侍さんは自分の経験からスタッフへ波及していましたね。
どうすれば病院でOBPが可能になるのか、成長できるのか。
本当にいつもSkypeで話していることや当院でも頭を抱えていることをすらっとスマートに理知的に話をしていた。OTを説明する重要性。おっしゃる通りです。
うちの病院のスタッフも10名以上来ていたので、かなり参考になったと思います。
侍さんのところで働いているOTは幸せなんだろうな。
自分もちゃんとしなくちゃいけないと思いました。

さて自分の発表はオチ担当みたいな感じになっちゃって。。
なんかすいません。得るものが一番少なかったって感じかもしれないっす。
次はリベンジしなくては。



昨日にすべて共通することは作業に焦点を当てること

もちろんそうなんだけど、全部聞いていてやはり思うのは、それとともに
クライエントとどこへ向かうのかシェアすること。だと思う。

行き先をシェアしないとランナーのクライエントと伴走者のOTが離れ離れになってしまう。
お互いしっかり手をとり、行き先へ向かうそのためには行き先をシェアする。

10年おでんもゴルフのスイングのアプローチも行き先をシェアし作業に焦点を当てている。と思うんだよね~。

ぜひ今日からの臨床に生かして頂ければ幸いです。


尚、質問等に関しては私のメアドに是非送ってください。私は今日休みなので明日からしか見えませんが(笑)。

参加して頂いた皆さん。
お手伝いして頂いた皆さん。
感謝感謝です。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://otdou.blog65.fc2.com/tb.php/122-62306426

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。