Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://otdou.blog65.fc2.com/tb.php/131-d8cc7eb7

社会のルールに戻ってみよう

最近更新が遅く、苦情がきております。
申し訳ありません(笑)。


いつか書きたいと思っていたことです。
私は今、作業療法士としての仕事よりも管理の仕事の方が多いですね。

いつか、何かの管理者研修で、苦情のロールプレイをしました。
その内容は、
「お宅のAさんというセラピストはいつも10分早くリハビリを終わる」
というクライエントの苦情に対応する。ということでした。

私は、かねてから部下に
「決められた時間を必ずやりなさい!」
と開設当初から言ってきました。
リーダーには、終了予定時間より早くカルテを書いている人に事情聴取をして、状況により指導するようにいっております。

私はそもそも
リハビリとは契約。他のサービスとその意味では変わらないと思っています。
20分1単位が契約なのです。
だから20分1単位を行わないのは契約違反。そして法律違反になるのです。

ネットや会議などで他のベテランPTやOTさんと話をする時
「時間を早く終わっても結果が出せる」という趣旨の内容を良く聞きます。

私はそれは間違っていると思います。
どれだけ腕前が良くても、早く終わっていいという契約と法律ではないのです。

私はクライエント側に立って物事を考えてみることをよくします。
そんなに腕前がいいのであれば、10分ではなく、もう10分クライエントの為にリハビリテーションを展開すればもっと良い効果があるでしょうに。。
10分で良い効果が出せるから10分で良い。残念です。
1億千万歩譲っても(郷ひろみ)
もしそうしている人たちは、ちゃんと自分のクライエントに

僕は腕前がけっこうあるので、結果が出せたら20分で定められているところを10分で終わりますけど良いですか

と説明して同意を受けているのでしょうか?

相手はサービス受給者です。医療もある意味サービスです。医療保険も使っています。特殊なサービスです。何がクライエントにとって最良かを考えてみれば自明の理と思われます。

10分で結果が出せる腕前があったら、その素晴らしい腕をぜひ、規定のもう10分、費やしてあげてください。

なお、学生さんもそうです。
うちは昔の考え方なので、学生さん時間枠として1時間空けています。

学生さんにやらせて単位を取得しているのであれば、
「この学生はよく出来ていますので、学生にやらせて、私は見ていますが、お金は頂きます」
という説明と同意が必要です。
ちなみに、関東信越厚生局の見解は「無資格者の施行では資格者の指導下でも不可。」とのことです。

当院ではクライエントのリハには資格を持ったセラピストが必ず予定時間(1時間)行います。別に学生が1時間やります。多いときはPT、OT,ST、学生で計4時間になります。CCSのことを良く知りませんが、時代から逆行しているかもしれません。いろんな実習のスタイルはあると思います。学生さんのことを考えてあげるのはもちろんですが、立ち位置はどこでしょうか。どこに向かって仕事をしているんでしょう。方向を見失わないようにするのが頑固職人めがねの考え方です。
クライエントへの時間を減らさず、学生さんの時間も用意する。診療報酬は資格セラピストが請求し、学生さんが担当する分はサービスとして提供。そのかわり勉強の時間をたっぷり頂く。

これらを考えると前にも話しましたが、
8時間労働で平均20単位は必ず無理です。
うちは今学生が6名ほどきていますが、リハ全体の平均1日単位は企業努力で17単位後半で、半分以上が5:30ぐらいに帰ります。

しかし、私はいつも訪問で規定時間オーバーしちゃうので反省です。

立ち位置はすべてクライエントの方を向いて。

古い人間の戯言でした。


Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://otdou.blog65.fc2.com/tb.php/131-d8cc7eb7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。