Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://otdou.blog65.fc2.com/tb.php/45-62c8e698

管理者として

今までOTのことしか、書いていませんでしたが、今日はリハ職種全体のことを書きたいと思います。

私は一応回復期の病院と訪問事業所の管理者をさせていただいております。
業務の中でクライエントと作業療法を共にする機会は過去に比べると激減しています。
しかし、今私の役割は自分が歩んで来た道を如何に若いセラピスト達にショートカットしてもらうのか?を一つの目的としております。

もう一つは、リハ職種というこの仕事を如何に質良く、効率よく行うシステムを構築するか?です。
私は、このリハ職種、特にに回復期のセラピスト達は慢性的に超勤(いわゆる残業)する機会が多すぎる。と思っています。pm8時、9時は当たり前という感じかもしれません。
この背景には、単位数の問題、充実加算の問題もあるかもしれません。
今は週に108単位、1日24単位まで認められています。これっていかがでしょうか?
回復期連絡協議会などの講演から判断すると、1日21単位枠で設定している所が多くみられます。
また、多くは8時間労働だと思います。ぶっ続け、移動なしでやれば、24単位できることになりますが、現実的でありません。

じゃあ21単位ならできるのか?

私はそうは思いません。多くの病院は監査(立ち入り調査)対策としてカルテ記載の時間を何分か空けています。まずリハ室で介入するとなると、送迎の時間が必ず発生します。それを歩行可能なクライエントの場合に練習として捉えたとしても、次のクライエントの場所に移動するまで0秒ということは絶対にありません。超能力者でない限り。まして、次のクライエントの前にカルテを記入するとなると、いかがでしょうか?5分あれば、送迎、カルテ、共に記入できるでしょうか?私はこの世界10年以上やっていますが、質の悪い(笑)カルテで急いだとしても全ては無理です。あっちなみにカルテで著変なし、no changeのみは問題外です。医療保険の無駄遣いです。まあ昔は多くみられたんですけどね。。。

今のを計算すると、1名3単位ずつ、21単位行うとなると、7時間、そして、クライエントの間を5分設けたとすると、35分残り25分です。1名に10分とすると、その時点ですでにアウトです。8時間オーバーになってしまいます。
また、私たちの仕事はクライエントとの直接介入業務、カルテ記載のみですか?絶対違いますよね。総合実施計画書、評価表、自助具作り、装具採寸、レセプト入力、会議、朝礼、カンファレンス、インフォームドコンセントなどなど。数え出したらキリがありません。これらを勘案すると、21単位で予定を設定するのは現実的でしょうか?必ず超勤ありきにならざるを得ません。
しかし、仕事です。しっかりと単位数をキープしなければ病院経営も成り立ちません。クライエントと共に歩むと宣言しても病院が潰れたらボランティアになってしまいます。自分たちが生きていけません。


当院のリハスタッフは100名弱ですが、病院経営を安定させ、如何に質良く定時に帰るかは長期のテーマです。私はタイムカードを全てのスタッフ分、開設からデータ入力しており、現在平均退勤時間はpm6:30です。早く帰れる様になってきましたが、これでも、スタッフは1時間超勤していることになります。しかし、全員申請していません。申請しなきゃいいのか?法律上そういうわけでもないのです。たとえそれが勉強会でも、カルテを書いていても、アイスを食っていても、タイムカード上は超勤なのです。

これを読んでいる皆さんはどうでしょう?何時に帰っていますか?周りに人は残っていますか?看護部とかはどうでしょう?早く帰っていませんか?私も昔は午前2:00とか当たり前にありました。それが美徳とさえ思ったバカな時期もありました。「残業申請しないからいいじゃん」と思っていませんか?それは私たちの立場からすると、管理上問題があるのです。

個人の能力の差もあります。遅い人は早くできる用効率良くする。それは社会としてどの職種にも求められることです。また、背景にはリハ職種年齢の若さもあると思います。年配の人たちには家庭があります。年配のいわゆるヒラの人(役職なし)は必然的に早く帰ります。リハスタッフは若く、独身が多く、年代も似ており、おしゃべりをしたり、帰りを待つなど、比較的時間の使い方に余裕があるのかもしれません。

女性が多いこの職種、現在から10年後どうなるのでしょう?現在のままであると、多くの女性が回復期で仕事を継続するのは難しいかもしれません。回復位の離職率はそれなりに高いのですが、基礎的な技術を身につけて地域に行くという理由以外にも業務困難という理由もあるのかもしれません。

私が開設当初から言い続けていることに「いい仕事をして、5時半に帰ろう」という言葉があります。質を高めながらスタッフが働きやすい職場にするのも管理者の仕事です。スタッフも管理者からみればクライエントなのですから。そして、早く帰りたいじゃん!(爆笑)
みなさんも遊びやおしゃべりはタイムカードを切ってから。
長くなっちゃった。。。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://otdou.blog65.fc2.com/tb.php/45-62c8e698

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。