Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://otdou.blog65.fc2.com/tb.php/48-76ad8b77

理論って

私は色んな所で作業療法理論のお話をさせて頂いておりますが、実は理論なんてどうでもいいと思っている所も沢山あります。
これを言うと結構びっくりされるのですが、講演の時にも話をすることがありますので、ご存知の方もいらっしゃると思います。理論は作業療法を説明すること、成果を証明すること、理解を深めること、作業療法の実践を容易にするなどに長けていると思います。特にプロセスモデルなどは一種のナビゲーションシステムみたいなものだと話をさせて頂いたことがあります。

たとえば、
「東京駅からディズニーランドまで車で行こう!」となった時に、東京をよく知っている方なら、ナビを使わなくてもすいすいと行けますよね。慣れた道であれば、どこが渋滞せずに早く行けるか、次どこで曲がるのかはわかります。
しかし、東京を知らない人はてんてこ舞いです。そんなとき、ナビがあると助かりますよね。

プロセスモデルは作業療法をうまく実践する自信がない人、どうすればわからない人などに効果を発揮すると思います。
さっきの例のように、どのようにクライエントと目標を共有し、成果をあげればよいかわからない。そのような方のため、「ハジメハメンセツシテクダサイ」。「クライエントノコトヲヨクシッテクダサイ」「サギョウスイコウブンセキシテクダサイ」。。。etc 言ってみれば「作業療法のナビゲーションシステム」みたいなものだと思います。

その他、成果を証明したりすることは作業療法にとってもとてもよいことだと思います。リーズニングもしやすくなりますし、だから理論はよいのです。というと冒頭の話から矛盾しちゃいますね。

いや理論は素晴らしいものなのですが、一つ言えることは、これを読んでいる人もそうかもしれませんし、日本全国、世界中にたくさんいると思いますが、「理論のことをよく知らなくても、良いOTを実践している方はたくさんいる!」からです。それこそThe OTといえることをやってらっしゃる方が、「えっ?理論?何それ」ってことはよくあります。

私は理論にこだわりすぎて、本来の目的を失わないようにしなくてはならない。と思うのです。
大切なのは「クライエントが幸せになること」ですから。
だから心の奥底ではどうでもいいと思っているところはあります。

私はうまく実践できないことに悩むので、理論を勉強しますけどね。ちょっとだけ。でも全部中途半端(笑)。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://otdou.blog65.fc2.com/tb.php/48-76ad8b77

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。