Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://otdou.blog65.fc2.com/tb.php/77-4c1ff6ea

SV会議

最近SV会議に行くことが多いです。


学校の教員とはなかなか大変な職業だとよく思います。

まあ私もほんの少しだけやっていたことありますけど。。。

教員になるにあたり、恩師に
「学校の教員なんてのぉ、奇人変人の集まりじゃ!」
と忠告を受けました。
いい意味でも逆の意味でも正解だなと思います。

いい先生は本当に学生のことを考えていますね。
学生は教員にとってクライエントですね。
逆に学生をないがしろにする教員は決して臨床でも良いOTができないだろう。
というのが持論です。

横目でちらっと見た
ふとひやりとしたSV会議での一場面
先生は実習地のSVに
「こいつは賢くて、よくできる奴ですから」と言っていました。
よくできる学生さんのそのすぐ後ろにいた同じ施設で実習を受ける学生さんは黙って立っていました。

後ろに目をつけるのは難しいですが、教育とはなかなか気が抜けないですね。

難しいのが、学生のOTの質も維持しなくてはならない。

未来の学生本人そしてクライエントのためにも。

これが非常にディレンマだと思います。

特に昨今のOT業界事情ですと、ほぼ全員入学せざるをえない状況で、OT適正に教育する。
そればかりを教員に求めるのはちっと酷ではないかとおもいます。

どうしてもOTに向いていない子も出てくる。
Social skillの問題で、実習に受からない。
国家試験に受からない。

稀に学校では単位を落とさずに、実習で落としてもらう。
そんな教員も出ているのも事実でしょう。気持ちはわかりますが、
ぜひ、学生のために新たな道を進めたり、落としても尚学生から感謝されるような
そんな金八のような先生ばかりだったら。。。
いいだろうねぇ(笑)。現実はそんなに甘くないですけどね。

臨床とは別のディレンマと闘っている先生方。
応援します!

あと今時の学生というのがいつも耳にします。
いつも に注目です。

ようするに今どきは刻々と変化しています。
私の学生時代も今どき。
30年選手の学生時代も今どき
5年目のSVが学生の頃も今どき。
そして今も今どき。

要するに今どきに合わせて教育しないといけないということです。
今時の子はさぁ~
と逃げ場にするのは逃げになっていないと思います。
私の学生の頃は私の学生の頃なのです。
今じゃないと思うのですよ。
じゃあ今の状況を打破するには、今どきで考えるしかないと思うのです。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://otdou.blog65.fc2.com/tb.php/77-4c1ff6ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。