Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://otdou.blog65.fc2.com/tb.php/88-9f3179b0

実践研究会の道のり

ともりさんが元旦から実践研究会の宣伝をしていただいているので、非常にうれしく思っています。
ともりさんのブログはこちら

今日は実践研究会の今までの道のりを少々書きたいと思います。ながくなるぞ~~~

立ち上げたころは私も教員をやっておりました。
そして名前も

「作業療法を考える会」

という名前でした。いくつかの候補から第1回の参加者の方々に選んでもらいました。

最初は世話人もほぼ2人という感じでかなりほそぼそ(今でもですが)やっていました。

教員をやりながら、学生に作業に焦点を当てる素晴らしさを教える。
学生も作業に焦点を当てる素晴らしさを理解する。
しかし、実習では完全ボトムアップもしくはボトムステイの教育になってしまう。
そのジレンマが何とかならないものか?
と思っていたのです。
自分のクライエントは学生。
トップダウンを夢見ているのに実践できない。
それに対して教員の自分は何ができるだろうか・・・

また、
ボトムアップでは作業療法が衰退していくかもしれないという危機感。
自分の経験からトップダウンで作業に焦点を当てることの効果はものすごいということを経験的に実感していた。
臨床でボトムアップになるのは、単にトップダウンや作業に焦点を当てる方法を知らないというか、知る機会がないとも思った。

だから同僚のTさんと一緒に勉強会を立ち上げた。それが前身の作業療法を考える会
作業に焦点を当てる素晴らしさをいろんな人たちに知ってもらいたい。そして臨床実践してもらいたい。ただそれだけ。
この研究会でのこだわりは
・作業を利用すること
これは前述のとおり

・いろんなものを取り入れること
 個人的には宗教的なのはあまり好きじゃない。すべてのものに限界があると思っている。ICFでとらえきれないものもあるだろうし、MOHOで解決できない問題ももちろんあるとおもう。もちろん、NDTやPNF、CIMTでも治らない人たちもいると思っている。だからいろんなものを取り入れる。しかし、いわゆる機能回復テクニック的なものをやることには世話人の一人としては反対(たぶんみんなそう)。なぜなら、それは別に他に一杯やっているから。わざわざここでやる必要はないと思う。テクニックはどう使うかがポイントであり、それも含めていろいろなモノをOTとしてどう使うかを知る勉強会でありたいと思っている。

・臨床に焦点を当てている
 結局は臨床。絵に描いた餅ではショーもない。
 臨床で悩んでいる人たちが作業に焦点を当てるっていい!そして、研修会に参加した後にやってみよう。使って みようと思える研究会にしたい、臨床家が来たいと思える研究会にしたいと思った。

そのようなOTの独自性の何でもあり的な勉強会は数少ないんじゃないかなぁ
OT独自性といえば、
MOHOはすごい頑張っている。素晴らしい。でもMOHOだけ。でもそれはそれで重要。
AMPS(OTIPM) すごい人気です。 しかし、AMPSのみ
CMOP皆無
OS はOSだよねー

愚痴OTさんとこの湘南OT研究会はそれに近いかもねー。

知りたいけど知る機会がない。考えたいけど一緒に考える人がいない。そんな期待にこたえる研究会でありたい。
なんてね。

そして、極めつけの特徴が
・てきとーきまぐれ(笑)
まあ、臨床家の人たちとEasyに考えていこう!ということです。
どれぐらい適当かというとなぜ「作業療法を考える会」から「作業療法臨床実践研究会」になったかを覚えていない(爆笑)


作業に焦点をあてたOTを広げていきたい
そして仲間を増やしたい

それだけですよー

今世話人も増えました。

私は別に良いのですが、他の世話人のことをちょっと話させてください。

世話人の中には臨床1年目という超若輩者のころからやっていただいている人もいます。
貧乏研究会なので、世話人は一切講師料をいただいていません。参加費がたまると講師を外部で呼んじゃいます。
というか、世話人講師は交通費も参加費も支払って講師しています(笑)。
世話人の若いものはお金を浮かせるために、東京~浜松間を高速バス、夜行バスを利用して講師をして、日帰りで帰っているものもいます。(私は乗り過ごして夜行バスでしたが。。。)

ただ作業に焦点を当てることを広めるためだけに。

だから私は彼らを尊敬します。
そして世話人の講師料以外は支払ってあげたいなぁ。と思っています。

第10回臨床実践研究会までもう少しあります。
あんない

全国のどこかで開催してほしいという依頼があれば、どこでも行く予定ですよ~(私は)。
依頼は実践研究会メアドまで こちら

今年もいい出会いがありますように~

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://otdou.blog65.fc2.com/tb.php/88-9f3179b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。