Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://otdou.blog65.fc2.com/tb.php/92-dec70b16

言葉って

ツイッターをやったらと言われるが、自分みたいな失言野郎は気をつけるべきと思い、SNSの怖さから歯止めをかけています。

ともりさんのHPでちょっとツイッターの内容が見えたのでそれについて。

何かといえば、これから
「意味のある作業」という言葉は使わない。意味のないことは活動とか動作と言う?
とかそんな内容だったような。。

その通りだなぁ。と思いました。

物忘れが激しいから思い出せないけど、4,5年前、どこかで、誰か有名なOT(どこかでだれかって。。)と飲んでいた時、同じような話になったのを思い出しました。
「意味のある作業っておかしい。そもそも作業には意味があるから」といった話だった。要するに表現としては、馬から落ちて落馬する っていうニュアンス。

その時もなるほどっと思った。

では、私は使うか使わないか?
うーん
使っているなぁ。
なぜかというと。
「はやり?(笑)」

まあ、伝わりやすいってことか?あんまり深く考えていない。
OSの方々は気軽に意味のある作業って使うなっとおっしゃっているようだが。

しかし、ともりさんのめんどくさいという意見には賛成。

これからもmeaningfulはノリで使ってくんだろうな。

このようなことは最近よく出くわす。
一昨日早稲田大学でとある学会の編集委員会に出てきた。
医療、体育、機械が融合している学会であるゆえに、言葉の問題は大きい。
論文には用語の規定をするようにという話が出た。

運動 ととると、関節の動き ととらえる分野もあれば、
体育の分野では エクササイズ としてとらえられる。

これもなるほど。確かに、論文を書く際には用語の規定を作ることがある。博士論文とかはそうだったな。

そして今日昔の機関誌を読み返していたら
大御所のY先生が巻頭言で、
ICFのActivityとOTのアクティビティ(つまりクラフトのことかな?)の混同について書かれていた。
たしかに、クラフト系統をアクティビティと総称してきた経緯もあり、混同するなとも思う。

言葉ってのは奥深いですよね。

まあ自分としては、他者と話をするときには重要にするのは

わかりやすさ

ですかね。なかなか難しいですが。。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://otdou.blog65.fc2.com/tb.php/92-dec70b16

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。