Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://otdou.blog65.fc2.com/tb.php/93-fa3716f4

訪問リハ管理者研修

どうも

今日まで訪問リハ管理者研修に参加中です。

訪問リハステーションがポシャった今、参加モチベーションが低くなりそうな研修会ですが、いやいやこれが内容なかなか秀逸です。
事業内容や事業理念をはじめとし労務管理、コーチングなど組み合わせが他の研修会ではなかなかない。そもそもリハ職種はビジネスモデルに疎い感がありますね。管理者やリーダー育成という点に重きが置かれているので参加していいて楽しいです。

その中でこんなグループワークがありました。

管理者と部下のやり取り
部下が訪問リハに行ったら、
ケアプランでは住宅改修後の移動が安全に行えるか訪問リハに行くという内容だったのに、行ったら利用者さんに筋力訓練をやれと言われた。筋力訓練ならデイケアでもやっているから、移動の練習しようと言ったら「もういい、おまえ二度と来るな」と言われた。担当者会議には管理者が行ったんだから、なんとかしろ
という内容です。

まあ何とも。。。

むちゃくちゃな部下そして、頼りない上司(笑)

いやいやこの対応法を書きたいのではなく、グループワークで話をすると、やっぱり多くの訪問リハの方々が同様の経験をしていたということです。他にも「病院ではいっぱい揉んでくれてた。など」そして、代替サービスで賄えるものは代替サービスにすべきという志の高い人たちが集まっていたことにすごくうれしく思いました。

そして、特に病院や施設から在宅に送り出す際にリハ職種が気をつけなくてはならないのは、

機能回復は是非しましょう。
機能が良くなれば超したことはないでしょうし、本人も望んでるでしょう。
機能維持ももちろん重要です。訪問でやることももちろんあります。

ここからが重要です。

機能回復に固執しないようなリハビリを展開しましょう。
どう楽しく、いきいきと生活するか?そんな支援も(が?)リハビリテーションですよね?
そのようなリハビリを経験してきた人は在宅訪問リハでの幸せ支援をするのに本当に助かります。

全国の訪問リハビリテーションスタッフがクライエントのリハへの考えを説明し、幸せ支援するまどろっこしさに戸惑っているのを実感しました。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://otdou.blog65.fc2.com/tb.php/93-fa3716f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。